ねこぱんち
lunaworks.exblog.jp

2匹の親子ネコと暮らしています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
コメントの際にご注意ください
最近、コメントスパムが多くて( ゚д゚)ウザスなので、現在「http://~~~」の記述をNGワード化しています。
書き込む必要のある場合は、頭の「h」を抜いた表記でお願いしまふ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

エキブロ外リンク

プロフィール
lunaworks@アバウトミー
2011/6月いっぱいでサービス終了だそうなー(すでに放置してるけど) ---
気に入ったものスクラップ、tumblr
lunaworks@tumblr




Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
オンライン上にある"毒気"
またまた、放置プレイ中ですが・・・(-ω-;)
不規則に訪れるこの"放置プレイ"リズム。
たいていは雑務の片付けでばたばたしてるか、ネタがないか、
もしくはアウトプットを閉ざしている状態・・・のどれか、
もしくは複合です。
アウトプットを閉ざしている場合は、たいていインプットも
閉ざしていることが多いので、
オフラインみたいなもんですヽ( ´ー)ノ フッ

そういう閉ざす理由が、最近まで自分でもはっきりと
分からなかったのですが、どうやらオンライン上の
「毒」にあたったような感じのことが一番多いみたいなのです。

ネット上を散歩するうちにふと遭遇した、毒(悪意ある文面や本人は
悪意がないつもりでも実は悪意に満ちた文面など)で
やるせない気分になってしまう・・・。
自分自身が(気分的に)抵抗力がない時には、
はっきりとした悪意だけじゃなくて自慢や、自己中や、
筋の通らない批判や、無神経な物言いや、自己顕示欲の裏返しの愚痴、
ひいては媚び・へつらいの類のものでさえ毒気として
感じてしまうことがあるのです。
(こんなに弱いタイプではなかったんだけどなぁ・・・(T▽T))

そういう「毒」として感じてしまうものがなんなのか
ずっと分からなかったのですが、
(それ自体が毒気になるので考えようともしてなかったですが・・・)

@nifty:デイリーポータルZ:宮崎くんの、書いたもの
(ライターの宮崎晋平さんが急逝され、その追悼記事として
対談が行われたものの2ページ目。
好きなライターさんの一人だっただけにショックでした・・・。
心よりご冥福をお祈りいたします。)

「あ・・・・これだ。」 と思いました。

下記引用
----------
林:そういえば、最初に逢ったとき、「インタビューは相手と同じ所に立って話を聞く」とか
「ネットにあふれるけなし芸はダメ」とか、そういう話をした記憶がありますよ。
大塚:「けなし芸」って、何ですか?
林:一風変わっている人を、ばかにするような書きかた、ですね。
大塚:ああ……ネットによくある、「自分自身がつまらない人が、
面白いことを書こうとすると、悪口になる」の法則ですね。
----------

正確には、このことだけが「毒」であるわけじゃないのですが、
自分の中でくすぶっていたものに言葉をあてがわれた気がして
これを読んだ瞬間、漫画みたいに「!」がつきました(笑)

ブログなどでだれもかれもが日記と称して個人的な意見を
簡単にアウトプットできる時代なおかげで見たくないものまで
見てしまうので、毒にあたる機会も増えてしまったんでしょうねぇ。
あいたたたた(;-_-)=3

普段、リアルであれば「悪口」を聞きたくなくて聞かされれば、
たとえ反論しないにしてもまゆをしかめるとか、
ノーリアクションでわざと聞こえなかったふりをするとかして
発言者に「あぁ、受け入れられなかったんだな」という
認識を持たせることもできるのですが、
ネット上の垂れ流しに対しては、反論コメントをするなどの
積極的にネガティブなリアクション以外、
「まゆをひそめる」というような消極的だけど
ネガティブなリアクション、という表明する手段がないので、
結局は「無視する」以外には方法がないという状態です。

インプットで毒をうけて重い気分になるので、
自分はそういう毒気は放出したくないと思えば思うほど、
アウトプットができなくなって放置期間が延長されちゃいます((+_+))

そういうときは、毒気とは程遠い、肩の力を上手に抜いた
「ほんわかうふふ」なサイトやブログへおじゃまして、
少しずつリハビリします(*´∀`*)

どれだけ人気サイトになっても、ほのぼのとした雰囲気を
保っておられるサイトへ伺うたびにすごいなぁ・・・と思いながらも
しっかり慰められています。
ただ、そういうサイトは、たま~に突然閉鎖になってしまうこともあって、
中には裏ではいろいろと我慢なさっていたのだなぁと
容易に推測できるような閉鎖の挨拶のページが残されていたりして、
いたたまれない気持ちになることもありました。

こんなに普及したインターネットですが、
未だに付き合い方を模索している気がします(´・ω・`)
結局は、回線の向こう側には人がいる、からなのでしょうねぇ・・・(  ̄ - ̄)
[PR]
by lunaworks | 2006-02-23 15:12 | その他